2017年9月の特集記事ニュース記事一覧 | Bartendergames- bartendergames.info

2017年9月の特集記事ニュース記事一覧

【カーオーディオ・マニア】トヨタ bB by リクロス 後編(オーナー:岩光紗香さん) 画像
インタビュー

【カーオーディオ・マニア】トヨタ bB by リクロス 後編(オーナー:岩光紗香さん)

23歳以下の若きカーオーディオフリークたちの、そのカーオーディオライフを紹介している当コーナー。今週は前回に引き続き、1996年生まれの岩光紗香さんをクローズアップする。今回は主に、彼女のカーオーディオとの関わり方をリポートしていく。

【カーオーディオ・マニア】アンプの必要性とは?…製品選びの“傾向と対策”「パワーアンプ編」その1 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】アンプの必要性とは?…製品選びの“傾向と対策”「パワーアンプ編」その1

カーオーディオのある生活を楽しもうとするならば、製品選びも楽しむべき重要ポイントの1つとなる。そこのところを存分に満喫していただくサポートとなるように、当連載をお届けしている。今週からは新たな章に突入する。

【岩貞るみこの人道車医】「大人用シートベルト着用では、安全につながらない」が語る本当の意味 画像
コラム

【岩貞るみこの人道車医】「大人用シートベルト着用では、安全につながらない」が語る本当の意味

「違うだろー、違うだろ!」思わず叫んでしまった。9月14日に警察庁が発表した「平成29年上半期における交通死亡事故の特徴等について」の「対策」部分を読んでである。

【カーオーディオ・マニア】ユニットサブウーファー導入編 その2 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】ユニットサブウーファー導入編 その2

カーオーディオユニットの取り付けにはいろいろなノウハウが存在している。それらを踏まえての確実な作業が実行できるか否かで、最終的なサウンドの仕上がりが良くも悪くもなる。当コーナーでは毎回、それらノウハウの1つ1つを、掘り下げて解説している。

【編集部員が行く!突撃ショップレポート】プロのお仕事お見せします!!…磨き体験編 その1 画像
コラム

【編集部員が行く!突撃ショップレポート】プロのお仕事お見せします!!…磨き体験編 その1

皆様が愛車を預けるプロショップ。 ここでは、普段どのような作業が行われているのか? そんな疑問にお答えする企画「編集部員が行く!突撃ショップレポート」の第2弾を、本日からお届けします。

【カーオーディオ・マニア】カーディーラーで本格オーディオが組める!? 「ネッツトヨタ兵庫」の取り組みとは? 画像
インタビュー

【カーオーディオ・マニア】カーディーラーで本格オーディオが組める!? 「ネッツトヨタ兵庫」の取り組みとは?

市販カーオーディオ製品で構築する本格システムを、カーディーラーでオーダーできることをご存知だろうか。「ネッツトヨタ兵庫」ならそれが可能だ。同社は「NE-style」という“サウンドプロショップ”を用意し「高品位な音」を聴きたいというドライバーの思いに応えている。

【カーオーディオ・マニア】ユニットサブウーファー導入編 その1 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】ユニットサブウーファー導入編 その1

カーオーディオの“取り付け”には、さまざまなノウハウが存在している。それらについて、毎週1つ1つ掘り下げて解説している当コーナー。今週から新章に突入し、「ユニットサブウーファー」の導入に関連した事項について検証していく。

【カーオーディオ・マニア】トヨタ bB by リクロス 前編(オーナー:岩光紗香さん) 画像
インタビュー

【カーオーディオ・マニア】トヨタ bB by リクロス 前編(オーナー:岩光紗香さん)

23歳以下のカーオーディオフリークたちを紹介している当コーナー。今回は、女性オーナーをクローズアップする。1996年生まれでこの10月に21歳となる岩光紗香さんに、カーオーディオとの出会いから関わり方までをじっくりとお訊きしてきた。

【カーオーディオ・マニア】日産 GT-R by サウンドステーション クァンタム 後編(オーナー:揚妻幹悟さん) 画像
インタビュー

【カーオーディオ・マニア】日産 GT-R by サウンドステーション クァンタム 後編(オーナー:揚妻幹悟さん)

父親の影響からカーオーディオ、クルマに強い興味を持った揚妻さん。これまで複数のクルマを乗り継いで行き着いたのがGT-R。このベースに対して茨城県のサウンドステーション クァンタムがインストールを実施。オーディオとの付き合い方についてうかがった。

【業界動向】“クルマは楽しいもの” …往年の名車パーツ再供給の波 画像
コラム

【業界動向】“クルマは楽しいもの” …往年の名車パーツ再供給の波

マツダは、初代「ロードスター」を対象にしたレストアサービスを2018年初頭から開始すると発表した。このサービスは、レストア事業とパーツの再供給からなり、レストア事業は、ユーザーから預ったロードスターをオリジナルに近い状態にリフレッシュする。

【岩貞るみこの人道車医】「道の駅」から始まる自動運転…必要な2つのニーズとは 画像
コラム

【岩貞るみこの人道車医】「道の駅」から始まる自動運転…必要な2つのニーズとは

自動運転は、クルマの機能に注目が集まるけれど、本気で実用化するなら、道とセットにしたほうが圧倒的に早くできる。専用道を設けたり、走れるエリアを限定したり。自動運転システムが認識しやすい標識や目印を、道に設けていくというのも、ひとつの方法である。

【川崎大輔の流通大陸】レクサス、日本のおもてなしでタイ人の心を掴む 画像
コラム

【川崎大輔の流通大陸】レクサス、日本のおもてなしでタイ人の心を掴む

2017年9月にバンコクのスクムウィットにあるレクサスショールームを訪問、レクサスオートシティ社の総責任者である吉田広宣ゼネラルマネージャーにタイにおけるレクサスについて話を聞いた。

【カーオーディオ・マニア】市販のメインユニットを用いた内蔵アンプシステムを楽しむ…システム構築術研究 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】市販のメインユニットを用いた内蔵アンプシステムを楽しむ…システム構築術研究

カーオーディオの楽しみ方にはいろいろなアプローチがある。ライトなシステムで気軽に楽しむ人もいれば、大がかりなシステムを構築して究極を追求する人もいる。そして、それぞれのアプローチごとで、それぞれに“楽しみ方のコツ”がある…。

【岩貞るみこの人道車医】話題のドクターヘリは、ただの「速い救急車」じゃありません 画像
コラム

【岩貞るみこの人道車医】話題のドクターヘリは、ただの「速い救急車」じゃありません

【医】「ドクターヘリは、速い救急車じゃありません」 ドラマですっかりお馴染みの、ドクターヘリである。ネット時代と言われようと、やはり話題作りの巧みさは、圧倒的にテレビドラマにある。

【カーオーディオ・マニア】純正システムを上手に鳴らすコツとは?…システム構築術研究 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】純正システムを上手に鳴らすコツとは?…システム構築術研究

カーオーディオを趣味として楽しもうとするとき、頭を悩ませるテーマの1つとなるのがこの、「システム設計をどうするか」。当連載では、どんなパターンが存在しているのかを明らかにしていきながら、それぞれの“攻略法”までを詳細に解説していく。

【自動車豆知識】ショックアブソーバーって何?…交換時期、メンテナンス編 画像
コラム

【自動車豆知識】ショックアブソーバーって何?…交換時期、メンテナンス編

ショックアブソーバーはライトチューニングでは定番アイテムのひとつだが、安全にかかわる部品でもあるため定期的な交換・メンテナンスが必要な部品でもある。

【カーオーディオ・マニア】エンタメをプラスして楽しむ方法とは? 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】エンタメをプラスして楽しむ方法とは?

クルマの中で今よりももっと良い音を楽しみたいと思いながらも、“分かりにくさ”を感じてシステムアップすることを躊躇している方々に向けて、当短期集中連載をお届けしてきた。今回はその最終回として、「エンタメをプラスする」という方法について考えていく。

【カーオーディオ・マニア】デッドニングの意味や効果とは? 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】デッドニングの意味や効果とは?

カーオーディオに興味を持ちつつ、しかしながら、“分かりにくさ”を感じて足を踏み入れられないという方に向けて、それを解消していただくための短期集中連載をお贈りしている。今回はその7回目として、“デッドニング”をテーマにお届けする。

【インタビュー】オフィス移転で新たな取り組み…カーセブンの「働く環境」を見直す理由 画像
インタビュー

【インタビュー】オフィス移転で新たな取り組み…カーセブンの「働く環境」を見直す理由PR

中古車買い取りと販売のフランチャイズチェーン「カーセブン」を展開するカーセブンディベロップメントは、本社オフィスを東京の日本橋から大崎に移転。そのねらいについて、社長の井上貴之氏、社員の佐ケ野香氏に聞いた。

【カーオーディオ・マニア】「BEWITH」から完全新設計の高音質スピーカー『Reference AM』シリーズが登場! 搭載デモカーのサウンドを緊急チェック! 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】「BEWITH」から完全新設計の高音質スピーカー『Reference AM』シリーズが登場! 搭載デモカーのサウンドを緊急チェック!

国産ハイエンドカーオーディオブランド「BEWITH」から、完全なる新設計スピーカーが登場する。その名は『Reference AM』シリーズ。その新しさのポイント、利点、そしてデモカーのサウンドインプレッションまでを、じっくりとご紹介していく。

【カーオーディオ・マニア】Clarion『Full Digital Sound』は気軽に楽しむべきシステム!?  その“合理性”と“汎用性”を再検証! 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】Clarion『Full Digital Sound』は気軽に楽しむべきシステム!?  その“合理性”と“汎用性”を再検証!

革新的なカーオーディオシステムClarion『Full Digital Sound』。衝撃のデビューから約1年半が経ち、愛好者の数も増え続けている。だがしかし、一部ではこれを上級なシステムだと捉え、身近なものとして感じられていない向きもあるようだ。

【岩貞るみこの人道車医】手放し運転は、アリかナシか 画像
コラム

【岩貞るみこの人道車医】手放し運転は、アリかナシか

子どもを交通事故から守りたい! 次の世代にいいもの残したい! 鼻息荒く、やや空回り気味ではありますが、交通事故死者数を減らすための4つのキーワード「人・道・車・医療」の視点で毎週木曜日にお届けします。どうぞお付き合いください。

【カーオーディオ・マニア】日産 GT-R by サウンドステーション クァンタム 前編(オーナー:揚妻幹悟さん) 画像
インタビュー

【カーオーディオ・マニア】日産 GT-R by サウンドステーション クァンタム 前編(オーナー:揚妻幹悟さん)

23歳以下のカーオーディオユーザーにスポットを当てるこの企画、今回は父親の影響からオーディオやクルマ好きになったという揚妻さんを取材した。カーオーディオに早くから目覚めたのも父親のクルマを見たり聴いたりしていたからだったという。

【カーオーディオ・マニア】日本一の“プロショップ”に訊く!「楽しさの真髄と未来のカーオーディオ」とは? 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】日本一の“プロショップ”に訊く!「楽しさの真髄と未来のカーオーディオ」とは?

去る2017年7月22日、23日の両日にわたり、静岡県の『ツインメッセ静岡』にて、『第3回 ハイエンドカーオーディオコンテスト』が開催された。全国から200台を超える本格カーオーディオシステム搭載車が集まり、その完成度の高さが競われた。

【カーオーディオ・マニア】プロセッサーの導入で得られる効果とは? 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】プロセッサーの導入で得られる効果とは?

カーオーディオの音を今よりもっと良くしたいと考えながらも、“わかりにくさ”を感じて具体的な行動に移せていない、という方も少なくないようだ。そういった方々に、不安を解消していただくための短期集中連載をお贈りしている。

【カーオーディオ・マニア】メインユニット交換のメリットとは? 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】メインユニット交換のメリットとは?

純正カーオーディオの音に不満を持ち、なんとかしたいと思っていても、「カーオーディオは分かりにくい…」とシステムアップすることをためらっている方は少なくないようだ。そんな方々に向けて、“分かりにくさ”を解消していただくための短期集中連載をお届けしている。

【川崎大輔の流通大陸】中古車販売店から見たインドネシア中古車市場 画像
コラム

【川崎大輔の流通大陸】中古車販売店から見たインドネシア中古車市場

2017年8月、インドネシアの首都ジャカルタ周辺の中古車販売店を訪問。現場にいるインドネシア人から、現在のインドネシア中古車市場について生の声を聞いてきた。

【カーオーディオ・マニア】低音強化のメリットや具体的な方法とは? 画像
コラム

【カーオーディオ・マニア】低音強化のメリットや具体的な方法とは?

カーオーディオシステムをグレードアップさせたいと思いながらも、“わかりにくさ”を感じてこれを思いとどまっている方々に向けて、“分かりにくさ”を解消していただくための短期集中連載をお贈りしている。第4回目となる今回は「低音強化」について解説していく。

【自動車豆知識】ショックアブソーバー って何?…役割・しくみ・種類 編 画像
コラム

【自動車豆知識】ショックアブソーバー って何?…役割・しくみ・種類 編

クルマの乗り心地や走行性能(走る・曲がる・止まる)はスプリングだけではまともなものにはならないからだ。サスペンションのもうひとつの主役、ショックアブソーバー(ダンパーなどともいう)の存在を忘れてはならない。

【360度 VR試乗】スバルファンは“喉から手”「インプレッサ 22B」で走る 画像
コラム

【360度 VR試乗】スバルファンは“喉から手”「インプレッサ 22B」で走る

スバル、WRCファン羨望、“喉から手”で欲した98年の400台限定モデルが『インプレッサ 22B STiバージョン』。かの名車を、スバル研究実験センターで独占試乗。360度動画でお届け!

  • 37件中 1 - 30 件を表示
  • 次へ
page top