車中泊専用の施設がある? キャンピングカーで三浦半島へ【バンライフ】 | Bartendergames- bartendergames.info- bartendergames.info- bartendergames.info- bartendergames.info- bartendergames.info- bartendergames.info- bartendergames.info

車中泊専用の施設がある? キャンピングカーで三浦半島へ【バンライフ】

ガレージライフ アウトドア
車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた
  • 車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた
  • 車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた
  • 車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた
  • 車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた
  • 車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた
  • 車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた
  • 車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた
  • 車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた
こんにちは、最近車中泊にハマっているVanガールのサカリカオリです。今回は友達と東京から1時間半で行ける神奈川県「三浦半島」にキャンピングカーをレンタルしてドライブへ!その際に三浦にある車中泊専用の施設「RVパークみうら」で車中泊をしてきました!

そこで、この記事では「RVパークみうら」の魅力と、三浦半島のドライブスポットをご紹介します!

◆そもそも、RVパークってなに?

RVパークとは、「Recreational Vehicle Park」の略で、アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアなどのキャンピングカー大国で人気のある車中泊専用の施設です。日本では2010年から一般社団法人RV協会が普及を始めました。現在日本には約120のRVパークがあり、キャンパー向けのトイレや電源設備が完備されているのが特徴です。



◆RVパークみうらに車中泊しに行って来た

さて、RVパークみうらですが、今回私は以下のCarstayのサイトから予約して行きました。事前に空き状況や設備が一目でわかるのと、クレジットカードでオンライン予約決済が出来るのがいいですね。(「RVパークみうら」の予約はこちら:https://carstay.jp/ja/stations/kanto/station/5c0e34872745855e57951617)

そして、土曜日午後に東京を出発し、RVパークみうらに土曜日夜に到着!車中泊をドライブの工程に入れると、無理に朝早くに出発しなくて済むので、道路もスイスイ行けて快適でした!そして、白色のCarstayコーンと車両ナンバーを撮影してアップして、Carstayのチェックインが完了!


そして、実際に車中泊してみて感じた、RVパークみうらの感想を以下に纏めてみました!

◆ポイント1:とにかく施設が綺麗!

施設内には、温水シャワー・ウォシュレットトイレ・洗濯乾燥機・洗面台・水道・ダンプステーションと、宿泊時に最低限必要なものが全て揃っている快適な空間です。こちらは全て、オーナー松尾様が毎日清掃して下さっているので、女性が気になる水回りもピカピカです!


まず、ウォシュレットは便座が暖かいので、寒い冬場にトイレに入る場合も嬉しいです。また、洗面所には電源があるので、朝ヘアセットしたい女性もコテを使って髪をセットしたり、化粧をしたりすることもできます。オーナー松尾様によると、女子同士で泊りにくることも多いとのことで、これは納得ですね。



◆ポイント2:買い出しに行きやすい!

そして、いざ、宿泊施設に着いても、ついつい買い物忘れや突発的に買い出しに行きたくなる時はありますよね。私も夜になって急に炭酸水が飲みたくなったり、夜食を食べたくなったりしてふらっと食べ物を買いに行きたくなることがあります。そんなときにも、RVパークみうらは200mの場所にコンビニ(セブンイレブン)があり、またスーパー(ハラダスーパー)も2kmの場所にあるので、歩いて買いに行くことが出来るので大変便利です。施設内には大型2槽シンクもあるので、三浦の活きの良い魚をここで調理することも出来ますよ。



◆ポイント3:夜が静かでぐっすり眠れるZzz・・・

RVパークみうらは、閑静な住宅街と農地に囲まれた場所にあるので、夜は静かに過ごすことができます。また、電源設備も完備しているため、アイドリングせずともヒーターなどの電源利用可能なので、周りの車がうるさくて眠れない・・・!という方も安心して眠ることが出来ます。


ちなみに、RVパークみうらのオーナー松尾様は元々、自身のバックパッカー時代の経験をもとに、「車旅をするゲストが快適に過ごせる空間を提供したい」という想いで、RVパークをオープンすることを目的に、三浦に引っ越されてきたようです。旅行者へのきめ細やかな配慮から、松尾様の想いを肌で体感することが出来ました。

続いて、実際に日曜日に訪れた、RVパークみうら周辺にある、オススメの三浦半島のドライブスポットをご紹介します!

◆ソレイユの丘

子供連れの家族・友人同士・恋人同士が楽しめる場所です。四季折々の植物鑑賞や収穫体験、動物との触れ合いを楽しむことができます。また、小さい子供から小学生が楽しめる多種多様のアスレチック施設や、BBQ場・キャンプ場もあります。都内に住んでいると、自然と触れ合う機会もないので、リフレッシュできますね。さらに、温浴施設もあるので、たっぷり遊んだ後にスッキリすることが出来ますよ!



◆河津桜(京浜急行の線路沿い)

毎年2~3月にかけて約1,000本の河津桜が京浜急行の線路沿い約1kmにわたり咲き誇ります。濃いピンク色の花びらが特徴です。今回、私もたまたまドライブしていたら見かけたのですが(本当に驚きました!よそ見運転に注意!)、全国からこの河津桜を観るために本当に多くの人が訪れていました。夜はライトアップされていて、幻想的な雰囲気が漂っているので、何時でも楽しむことが出来てオススメです!



◆城ヶ島

三浦半島最南端に位置する城ヶ島では、磯遊びや海釣り・ダイビングなどのマリンスポーツを堪能でき、またカップルに人気のデートスポット「城ヶ島灯台」や、ピクニックに最適な「城ヶ島公園」、ビーチサイドBBQや紫陽花を楽しめる「白秋碑苑の砂浜」などの観光スポットがあります。私が訪れた際には夕日をバックに富士山の絶景を眺めることが出来たので、カメラマンの方にもオススメです!



◆マホロバ・マインズ三浦

RVパークみうらから車で10分の場所にあるホテルで、ホテル内にある温泉は、地下1500mから湧き出る上質の天然温泉です。私は日帰り入浴(900円)で入ったのですが、女風呂は室内と露天風呂にそれぞれ1つずつあり、広々としていて、ゆったりと入れる印象がありました。運転疲れを癒してくれる温泉はドライブに最高でしたよ。



◆お土産はここで!漁師の直売所「竜海丸」

最後は、お土産を買うならここ!「竜海丸」は漁師の直売所で、季節ごとの新鮮な魚類を購入することが可能です。私はここで『塩蔵わかめ』を購入しました。都内のスーパーで買うわかめよりもコシがあって、美味しいです。お店でオススメ調理レシピの紙も渡してくれるので、料理の幅も広がりますよ!(私はミネラルたっぷりのお味噌汁にしました)


いかがでしたでしょうか?今回の記事では紹介できなかったのですが、他にもマリンスポーツのスポットもいっぱいあったり、海の幸が豊富で、「まぐろラーメン」等のグルメを楽しめる飲食店もたくさん見かけました。1年を通して日本の「海」の魅力を体感することが出来る三浦半島、RVパークみうらを拠点に、ぜひドライブを楽しんでみて下さいね!

●RVパーク みうらの予約はこちらから
https://carstay.jp/ja/stations/kanto/station/5c0e34872745855e57951617

日本初のバンライフメディア『VANLIFE JAPAN』を見る

車中泊専用の施設!? 20代女子が「RVパークみうら」にカーステイしに行ってきた

《VANLIFE JAPAN》

関連記事

  • SNS映え間違いなし!話題の「The Old Bus」でキャンプ&車中泊を体験してみた!
  • なぜ今世界中の若者が「車中泊」に憧れ、「バンライフ」に熱狂しているのか?
  • カーステイ×キャンピングカーKK、車両レンタルから車中泊スポットの検索・予約・決済を一気通貫で提供

関連ニュース

特集

page top