道路空間を活用したカーシェアリング…社会実験2カ所目へ展開 | Bartendergames- bartendergames.info

道路空間を活用したカーシェアリング…社会実験2カ所目へ展開

ニュース 社会
社会実験実施箇所(国道15号)
  • 社会実験実施箇所(国道15号)
  • 運営車両(COMS)
  • カーシェアリングステーションのイメージ
  • 乗換え利便性の高いカーシェアリング
国土交通省は、道路空間を活用したカーシェアリング社会実験の参加者を決定したと発表した。

国土交通省では道路空間を活用した交通モード間の接続(モーダルコネクト)を強化する取り組みとして東京の地下鉄大手町駅に近接した国道1号(丸の内地区)の道路上にカーシェアリングステーションを設置し、有用性を検証する社会実験を2016年12月から実施している。

更なる検証を行うため、社会実験の実施期間の延長と実施箇所を増設することにした。今回、実験参加者としてすでに丸の内地区で参加しているパーク24が引き続き実験参加者となることを決定した。

今回は新たに国道15号の新橋駅付近にステーションを設置、運用する。実験期間は2019年3月下旬までで、車両は『COMS』と『i-ROAD』を使用する。丸の内地区のステーションのどちらでも貸し出し・返却を可能とする。

国土交通省、警視庁、東京都、千代田区、港区、実験参加者で構成する「道路空間を活用したカーシェアリング社会実験協議会」では今後、ステーション設置のための留意事項を検証する。

道路空間を活用したカーシェアリング実験、2カ所目…パーク24が参加へ

《レスポンス編集部》

関連記事

関連ニュース

特集

page top