最も魅力的な車両のカラーデザインとは?…オートカラーアウォード2017 | Bartendergames- bartendergames.info

最も魅力的な車両のカラーデザインとは?…オートカラーアウォード2017

イベント イベントレポート
グランプリを獲得したヤマハ発動機のデザインチーム
  • グランプリを獲得したヤマハ発動機のデザインチーム
  • 右からMT-10、MT-09、MT-07
  • 安田主事(左)と片平デザイナー
  • カワサキNinja H2(右)とNinja H2R
  • エントリー車両は横浜美術館に展示され、一般者も見学できた
  • エントリー車両の展示風景
  • エントリー車両の展示風景
  • エントリー車両の展示風景
日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。20回目となる今年は12月16日、横浜美術館(神奈川県横浜市)で最終審査がおこなわれ、ヤマハ『MT-10 / MT-09 / MT-07』のカラーリングがグランプリに選出された。

今回の「オートカラーアウォード2017」には、国内の四輪、二輪あわせて9ブランドから15のカラーデザインがエントリー。一般投票員による評価や審査員による選考の結果、グランプリに輝いたのはヤマハ MT-10、MT-09、MT-07の「ブルーイッシュグレーソリッド4」に「アシッドイエロー」をアクセントに加えたコンビネーション。車種ごとに設定された色彩ではなく、MTシリーズのカラーリングとしての受賞となる。

ストリートの世界観を強調した、インパクトがありながらクールにまとめたカラーリングで、今回のエントリーにあたってヤマハが掲げたテーマは「受け入れられる非常識 “Night Fluo”」というもの。車体全体ではダークにまとめながら、汚れやすいホイールに明るい色を使ってアクセントにするというのは、たしかに常識的ではない。

表彰式で、ヤマハ発動機デザイン本部・プロダクトデザイン部デザイン企画グループの安田将啓 主事は「市場でもここまで受け入れられるとは思ってなかったが、高く評価されて嬉しい。これからも、非常識であってもマーケティングといっしょになりながら受け入れられる努力を続けていきたい」と受賞の喜びを語った。

また実際のデザイン作業を担当したGKダイナミックス動態グラフィック部の片平憲男デザイナーは「プロとしての心を信じてもらえたおかげで、こうした面白いデザインができたのではないかと思っている」と語っている。

なお、惜しくも次点となったのは川崎重工業(カワサキ)の『Ninja H2 / Ninja H2R』のカラーコンビネーションで、上位2色が二輪車という結果となった。

オートカラーアウォード2017、グランプリはヤマハ MT-10 / MT-09 / MT-07が獲得

《古庄 速人》

関連記事

関連ニュース

特集

page top