【書籍紹介】R32以降のスカイライン がまるわかり…デビュー60周年 | Bartendergames- bartendergames.info

【書籍紹介】R32以降のスカイライン がまるわかり…デビュー60周年

ニュース 新製品
『スカイライン』R32、R33、R34型を中心として
  • 『スカイライン』R32、R33、R34型を中心として
『スカイライン』
R32、R33、R34型を中心として
当摩節夫 著
発行:三樹書房
定価:4104円(消費税込み)
2017年11月25日刊行
ISBN:987-4-89522-684-4

日産『スカイライン』というと、プリンス時代やGTRを中心とした本は数多くあるが、R32以降を中心としたものは数少ない。本書はそこにフォーカスしたものである。

スカイラインがデビューし今年で60周年を迎える。いまだに根強い人気を誇るスカイラインだが、時代の流れに逆らえず、紆余曲折。大きく台数を失った時期もあり、一時はブランド存続も危ぶまれた。

しかし、8代目「R32スカイライン」は“走りのスカイライン”を再度復活させるべく開発。特にその先代「R31スカイライン」で、「GT-R」が期待されつつも、「GTS-R」で終わってしまったことから、ファンの期待は大幅に高まった。

そんな中“超感覚スカイライン”のキャッチコピーとともにデビューしたR32は、それまでの路線とは大きく異なり、スカイラインに期待される走りやスタイルを実現すべく、軽量化やコンパクト化を実現した。そのうえで、3代目となるGT-Rもデビューし、再びスカイライン復活の狼煙を上げた。それがR32なのである。

本書はこのR32以降、R33、R34を中心にまとめられたものだが、当然それ以前のスカイラインにも触れられており、スカイライン全体の歴史も俯瞰されている。また、歴代スカイラインのカタログも掲載。ここでも当然R32以降が中心で限定車やレース用モデルのものも含まれているので、見応えがある。

また、巻末には歴代の主要緒元や生産台数なども詳細に掲載されているので、資料性も高い。

R32以降の スカイライン がまるわかり---復活した走りとスタイル

《内田俊一》

関連記事

関連ニュース

特集

page top