【業界ニュース】訪日外国人によるレンタカー事故防止対策…今秋から実施 | Bartendergames- bartendergames.info

【業界ニュース】訪日外国人によるレンタカー事故防止対策…今秋から実施

ニュース 社会
訪日外国人のレンタカー利用と事故件数の推移
  • 訪日外国人のレンタカー利用と事故件数の推移
  • 訪日外国人観光客レンタカー事故ピンポイント対策案
  • 沖縄と九州ではデータの収集を開始している
国土交通省は、訪日外国人観光客のレンタカー利用による事故を防止するため、レンタカー事業者や警察、観光部局と連携し、ETC2.0の急ブレーキデータを活用して、外国人特有の事故危険箇所を特定した上で、ピンポイント事故対策を講じる取り組みを開始する。

訪日外国人観光客の増加に伴ってレンタカーを利用する訪日外国人は、2011年から2015年までの5年間で約4倍に増えている。レンタカー利用者全体の死傷事故件数は減少しているものの、外国人レンタカー利用の死傷事故件数は増加している。特に沖縄県では物損事故を含む外国人レンタカーの事故件数は2014年から2016年の3年間で約3倍に増えている。

そこで、国土交通省では、訪日外国人観光客のレンタカー利用による事故を防止するため、ETC2.0の急ブレーキデータを活用して外国人特有の事故箇所を特定し、ピンポイント事故対策を推進する。

既に沖縄では、ETC2.0車載器を装着したレンタカー36台から、外国人が運転した際の急ブレーキデータを今年5月から収集している。九州でも、ドライブレコーダーを装着したレンタカー50台から、外国人が運転した際の急ブレーキデータを昨年9月から収集している。

今後、訪日外国人観光客のレンタカー利用が多い地域を5地域程度選定し、レンタカー事業者や警察、観光部局と連携して今秋頃から順次、取り組みを開始する。

訪日外国人によるレンタカーでの事故防止対策 今秋から実施

《レスポンス編集部》

関連記事

関連ニュース

特集

page top