【IAAE 2017】水性で健康にもやさしいが汚れには強いコーティング…JAPAN QUALITY | Bartendergames- bartendergames.info

【IAAE 2017】水性で健康にもやさしいが汚れには強いコーティング…JAPAN QUALITY

イベント イベントレポート

JAPAN QUALITYの水性ソフトコーティング
  • JAPAN QUALITYの水性ソフトコーティング
  • JAPAN QUALITYの水性ソフトコーティング
  • JAPAN QUALITYの水性ソフトコーティング
  • 水性ペンで落書き
  • コーティングされた側は水拭きでほぼ落ちる
  • デニムで色をこすりつけた状態に油性ペンで汚す
  • 溶剤でふき取ると、
  • さらに1円玉をこすりつけてキズをつける。コーティング面と未施工面の違いがはっきり現れる
コーティングというとボディやバンパーなど硬いものへの表面処理ばかりかと思うと、シートのような柔らかい素材にも可能なコーティング処理がある。JAPAN QUALITYの「柔」(やわら)という製品だ。

ブースには見本として半分だけコーティングしたシートが展示してあり、サンプルの革の切れ端を使った実演もしてくれる。すでに半分だけ「柔」でコーティングした革に、デニムの布でこするのだが、確かに色移りする部分としない分で境界線が確認できる。彗星ペン、油性ペンで落書きしても、水拭き、または溶剤で軽く拭けば、コーティングされた側は落とすことがきた。コーティングなので、キズもつきにくい。1円玉でこすってみても、キズのつき方が異なる。

コーティングは3年ほどもつそうだ。テストは80kgの人が1日10回乗り降りする想定で行っている。対応する素材はレザー、革以外にもアルカンターラ、スエード、モケットなどもOKだ。若干起毛の手触りが変わるが、ソフトコーティングなので、いかにも透明樹脂で守っていますという違和感はない。汚れは拭き取れるので、飲み物や食べこぼしのシミもつきにくい。

かなり優秀なコーティングのようだが、柔はじつは水性だという。そのため、ニオイもほとんどなく、作業者、利用者ともに安心・安全である。

施工はシート1脚につき2万円からだそうだ。
《中尾真二》

関連記事

関連ニュース

特集

page top