富士重、産業機器事業の終了を決定…自動車事業の競争力強化 | Bartendergames- bartendergames.info

富士重、産業機器事業の終了を決定…自動車事業の競争力強化

ニュース 社会

スバル汎用エンジン EX17
  • スバル汎用エンジン EX17
富士重工業は11月2日、自動車事業に経営資源を集中するため、産業機器事業の終了を決定したと発表した。

産業機器事業では、建設機械や産業機械、農業機械に搭載する汎用エンジンをはじめ、スノーモービルやオフロードカー等向けの高性能車載用エンジン、発電機、ポンプ等の完成商品を生産・販売。1951年に旧大宮製作所にて540ccの「M6型」エンジンの生産を開始してから60年以上にわたり事業を継続してきた。

富士重では、事業の中核である自動車の開発部門を中心に、即戦力となる人的リソースを増強することが重点課題のひとつとなっている。今回、同社の事業ポートフォリオを総合的に検討した結果、産業機器事業を終了し、その経営資源を自動車事業へ集中するという決断に至った。

現在販売中の汎用エンジン・発電機等は、2017年9月末をもって生産・販売を終了。一部の車載用エンジン等については、顧客との供給契約の期間満了をもって生産・販売終了となる。アフターサービスについては、生産・販売終了後も継続する体制を整える。

なお、中国で生産委託している一部機種のエンジンについては、委託先各社による生産継続の意向を受け、各社への技術譲渡等を進めている。中国の生産合弁会社「常州富士常柴羅賓汽油機(FCR)」については、合弁パートナーに対し、FCR株式の富士重の持分67%を譲渡、FCRに生産委託している一部の汎用エンジン等に関する技術をFCRに対し譲渡することで合意。また、EXシリーズエンジンを生産委託している「山東華盛中天機械集団」およびEAシリーズエンジンを生産委託している「重慶潤通科技」との間でも、両社での生産継続を可能とするための技術譲渡等を進めている。

富士重では、今回の決定により自動車事業へ経営資源を集中させることで、スバルブランドを徹底的に磨くための事業構造の強化を図り、持続的成長を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

関連記事

関連ニュース

特集

page top